【NEW!】勉強会の募集状況

【2つの勉強会】「ASOBIFX」「ISEKAIFX」の違いについて【徹底解説】

この記事では「ASOBIFX」と「ISEKAIFX」の概要や違いについて説明します。

目次

編集長

認定テクニカルアナリスト(CMTA®) Certified Member of The Nippon Technical Analysts Association . FXと株のトレーダー。「ASOBIFX」編集長。証券会社主催単独セミナーなど多数登壇。公式LINE登録者2000人、Disicord登録者3000人。

【最新情報】勉強会の募集状況はこちら

あわせて読みたい
【最新】勉強会募集状況について 最新情報です。 【勉強会について】 FXにおいてはほとんどがデモトレーダーか、昔一瞬勝っただけのトレーダーが適当な情報をそれっぽく出している要は「ウソとでっち上...

まえがき

FXトレーダー界隈は、勝ち方や手法や目線を教えたがる人が多い。

でも負けたときはほとんど書き込みません。つまり、の界隈の手法や理論は、長期的に勝てていない人の予想や、何回かだけ勝てただけの手法で溢れかえっています。

そして検証と称した「手法やインジケーターの調整」を行うのですが、これはカーブフィッティングと言う金融用語で「過去の相場にツールを合わせるだけの無意味な作業」です。

FXは、構造上うわぶれれば、100万くらいは適当にトレードしても行きます。

しかし、それが上振れである証拠に、そのままトレードしていくとほぼすべてのトレーダーが大損を食らって、人によっては全額溶かします。当然ながらこれは下振れするからです。そのまま1億に行ってる人みたことないですよね。

トレーダーが第一にすべきことは検証や手法づくりやコーチングではなく、トレードです。すべてが無駄だとは思いませんが、「勝つことは簡単かもしれないけど、稼ぐのはほぼ不可能」なFX界隈で、そんなことで勝てるわけないよ、ということをまず学んで欲しいと思っています。

最終的に負けてしまうことを回避するために、リスクマネジメントをする必要があります。リアルトレーダーであれば、そういった技術介入可能な部分を突き詰めるしかありません。

「春の雪」はプロトレーダー?

プロトレーダーって何でしょうか。

そもそも金融機関所属のプロは基本的に「個人取引できない」。したがって、個人的な発信をしながらプロと言ってる時点で、素人確定のようなものですね。当然僕もプロではありません。

いうなれば「今のところプラスで生き残れているだけ」で、これを読んでいるあなたと同じ一般のトレーダーです。特別な知識やツールなんてありません。

FXにプロなんて果たしているのかすら怪しい。

「勉強会」は、2種類あります。

2つの勉強会があります。

2020年12月~:ISEKAIFX(異世界アラート勉強会)
2022年1月~:ASOBIFX MEMBERSHIP

内容に関して2つの勉強会は基本的に同一コンテンツで、いずれも優劣はありません。


明確に違う点は、有料か無料かの違いです。「では、無料の方が良いよね?」と、言われればその通りです。

ツイッターなどで公開している通り僕はリアルにトレードで収益をあげているので、勉強会運営で小銭を稼ぐ狙いではないので、有料勉強会へ率先して誘導するつもりはございません。基本的には年に数名ご案内している無料勉強会「ISEKAIFX」の募集の際にご応募いただければと思います。

では、なぜほとんど同一内容の勉強会が2つあるのかについて、これまでの経緯を書き連ねるページがこの記事です。

次のページにて、これまでの経緯をまとめました!主に自分語りなのですが、聞かれることが多いので記載しています。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる